読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vmail Blog

動画メールサービスVmailの紹介や活用方法のほか、動画・メールマーケティングの情報や話題をご提供!

15,000人にアンケート!メルマガに関する調査結果【その2-1】

今回で3回目の連載となりました、メルマガに関するアンケート報告。

今回は「メルマガ受信の有無」や「受信通数」などの結果をまとめてみました。

どのような結果が出ているのでしょうか?

f:id:pcpvmail:20170321155210j:plain

 

調査概要

【調査対象】Boome会員
【調査期間】2017年2月~2017年3月
【調査方法】WEB調査
【サンプル数】15,163名
【アンケート回答者の男女比】男性…21.3%、女性…78.7%
【アンケート回答者の年齢別構成比】0~19歳…2.8%、20~29歳…11.8%、30~39歳…21.5%、40~49歳…37.8%、50~59歳…21.6%、60歳以上…4.4%

 

Q1.あなたは、登録しているメールマガジンがありますか?

f:id:pcpvmail:20170322180658p:plain

 

およそ9割の人が「(登録しているメールマガジンが)ある」と回答しました。

メルマガが廃れていないことがわかりますね。

 

Q2.メールマガジンはいくつ登録していますか?

f:id:pcpvmail:20170322181551p:plain

「1~5通」と回答した人が最も多く、約43%でした。

6通以上と回答した割合は約46%で、複数のメールマガジンを受信している人が半数近くいることがわかりました。

 

Q3.登録しているメールマガジンは、読んでいますか?

f:id:pcpvmail:20170322192001p:plain

約65%の人が「届いたものの中で興味のあるものだけ読む」と回答しました。

Q2で複数のメールマガジンを受信している人が多い結果がでましたが、その中でも読まれるものは厳選されるということがわかりました。

 

 

『埋もれない』メルマガを作る

多くの人が複数のメルマガを受信しており、その中でも読む物が一部ということは

メルマガ登録してもらっていても、読まれていない可能性があるということです。

 

読んでもらうために必要なのは、やはりまずは「件名」です。

次いで「コンテンツの必要性」を感じさせることが重要となるでしょう。

 

「コンテンツの重要性」とは、つまりそのメルマガを受信していることで

受信者にメリットがあると感じさせることです。

 

クーポン配信であったり、お得情報や面白コンテンツなど・・・

前回のアンケート報告の記事でも、内容に興味がなくなったためにメルマガの登録を解除するという人が多数いました。

 

blog.vmail.tokyo

 

飽きさせないことがポイントになってきますね。

 

コンテンツだけではなく、見せ方を変えるという方法も

受信者の興味・関心を引く上では効果的だといえます。

 

メールの中に動画を入れるのも一つの手法です。

「どんな見え方なのか気になる・・・」という方は、下記URLから

サンプルメールを受け取ってみて下さいね!

 

vmail.tokyo

 

www.pcp.co.jp

 

 

 

f:id:pcpvmail:20170210183903p:plain