読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vmail Blog

動画メールサービスVmailの紹介や活用方法のほか、動画・メールマーケティングの情報や話題をご提供!

効果的なFacebook広告とは?ABテスト結果を大公開!

インターネット広告

Facebook、使っていますか?近年は若年層の利用離れが著しいようですが、中高年やビジネスマンにとっては重要な情報収集ツールとなっています。そのFacebookに広告を出すとき、どんなキャッチで、どんなクリエイティブで、どんなセグメントだと効果が出るのか?実際に弊社で行なったABテストの結果を見ながら、検証していきたいと思います。

f:id:pcpvmail:20170307114425p:plain

 

初めてのFacebook広告

今回弊社がFacebook広告に出した商材は、このブログのタイトルにもなっているVmailというサービスです。

 

vmail.tokyo

 

 

2015年8月にリリースし、少しずつご利用いただく企業が増えてきましたが、もっと認知度を上げたい。そこで、Facebook広告への出稿を行いました。

 

「Facebook」という媒体への広告出稿は初めてだったので、まず物は試しだ!

ということで、下記条件で出稿してみました。

 

f:id:pcpvmail:20170309193147p:plain

 

Vmailはその名の通り、メールマーケティングで活用できるサービスなので、

セグメント項目は「メールマーケティング」で絞りました。

 

結果、初めてのFacebook広告は、7日間の出稿でCTAが1.84%、CPAは¥148でした。

この数字をベースとして更なる効果を検証すべく、2回目の広告出稿ではABテストを行いました。

 

ABテストをしてみた

2回目の広告出稿では3つのパターンで同時に配信してみました。

検証してみたかったのは、以下3点です。

 

・どのクリエイティブが効果が高いのか

・どのようなセグメントが合っているのか

・セグメント項目とキャッチの整合性

 

それぞれの条件はこちら。

 

f:id:pcpvmail:20170309193217p:plain

 

今回は居住地や年齢の対象を広げ、職種も「マーケティング全般」とし、ターゲットを広げてみました。

 

<画像左>

 ・1回目の配信とクリエイティブ・キャッチ共に同じもので配信

 

<画像中央>

 ・「画像にはキャッチコピーを入れない方がCTAが上がる?説」を検証すべく、キャッチなしのクリエイティブで配信

 

<画像左>

 ・「画像に数字のキャッチコピーを入れるとCTAが上がる?説」を検証すべく、画像・テキスト共に数字ありで配信

 

結果と考察

結果として、全体で1番効果が高かったと言えるのは一番最初に配信した内容でした。

 

1回目の配信では、セグメントが「メールマーケティング」、クリエイティブのキャッチが「メールを開くと動画が自動で再生」でターゲットとキャッチが合っていたため、高い効果が出たのだと考えられます。

 

特定の業種や担当者に絞って配信するときは、より具体的なキャッチを入れるのが有効だと言えます。

 

2回目の3パターンの中で1番効果が高かった(=CTAが高かった)のは、

クリエイティブにキャッチを入れないパターンでした。(画像中央)

 

 「マーケティング」という広義のセグメントで配信したとき、「メール」や「PV」というワードで閲覧対象から外れる人が出てきます。

キャッチがないクリエイティブは、「自分に有用な情報かもしれない」というユーザーの関心の幅を広く捉える為、3つの中ではCTAが高い結果となりました。

 

次回検証してみたいこと

Facebook広告に関する知見がまだまだ足りず、操作や設定も手探りの状態ですが、今後も様々なパターンの配信をトライし、より効果的な配信を見つけていきたいと思います。

 

次回以降の広告配信では、

・クリエイティブのデザインを変えるとCTAに変化が出るか?

・効果の高かった「メールマーケティング」のセグメントで、具体的な数字をキャッチに入れて配信すると効果が上がるか?

 

この2点を検証したいと思います。

 

 

www.pcp.co.jp

 

f:id:pcpvmail:20170210183903p:plain