Vmail Blog

動画メールサービスVmailの紹介や活用方法のほか、動画・メールマーケティングの情報や話題をご提供!

動画ってどうやって作ればいいの?

動画マーケティングが話題になっているし、うちでも始めてみたいのだけれど…そもそも動画がない! という方も多いかと思います。事実「動画がなくて…」というお客様の声も数多く聞いています。場所がない、システムがない、人手が足りない、知恵がほしい…といった悩みであれば、一旦借りてしまえばいい(≒アウトソーシング)という考え方もできるのですが、マーケティング用の動画は作るしか無く、他から借りてくるなんて訳にはいきません。今回は「動画って一体どうやって作れば良いの?」という方のために、動画の作り方をご紹介します。

 

f:id:pcpvmail:20170127144428j:plain 

動画の作り方

動画を作るためには一般的に、企画・準備~撮影~編集といったプロセスで作成します。これを聞いただけでも、なんだか難しそう…と感じる方もいらっしゃるかもしれません。難しい、自分には無理だろうと思われた方は、TVCMや映画の撮影シーンを思い浮かべているのかもしれません。もちろんTVCMや映画も「動画」ではありますが、料理に例えれば三つ星レストランや高級料亭のコース料理のようなものです。動画制作には大衆食堂やファーストフードのような気軽なものもありますし、素材を揃えて自炊するという手もあります。

では自分で作る場合とプロに依頼する場合のメリット・デメリットはどのような点があるでしょうか?

プロに依頼する際のメリット・デメリット

制作者、制作会社の技量にもよりますが、クオリティの高い映像を作れるということが最大のメリットと言えます。場合によっては、どんな映像でどんなメッセージを伝えると効果的か? といった企画段階から相談に乗ってもらえることもあります。

デメリットとしては、当たり前ですが「コストがかかる」というところにあります。また、動画の利用用途やターゲット、そこに込めるメッセージが曖昧だと、動画を制作してみたものの、ただ「カッコいい動画!」というだけで、どこでどのように使ったら良いのか分からないモノに仕上がってしまう危険性もあります。

また、動画制作にかかる費用はピンキリです。TVCMなどはたった15秒でも数千万かかるケースもザラにありますし、有名タレントに出演を依頼したら1億円! というような金額になることもあります。一方、クラウドソーシングを活用すれば、ほんの数万~十数万円で比較的高いクオリティの映像を作ることも不可能ではありません。

自分で作る際のメリット・デメリット

自分で作る場合のメリットは何と言っても「コストがほとんどかからない」という点につきます。いやいや、無理だよ、作れないよ…と思っている方。三ツ星レストランの料理を作ろうとしていませんか? カレーライスでも美味しい料理にはなりますし、たとえ目玉焼きであっても立派な料理です。

自炊料理を動画に置き換えるなら、スマートフォンで自社営業マンのセールストークを撮影してそのままWebにアップロード! くらいのイメージでしょうか。そんなのでいいの? と思われるかもしれませんが、これでも立派な動画マーケティングです。

動画マーケティングにおける「良い動画」とは、映像の美しい動画ではなく、面白い動画でもありません。マーケティングの目的(=ゴール)に近づくことができる動画こそが「良い動画」なのです。

重要なのは企画!

動画の制作はもちろん、全てのマーケティングコンテンツ制作において「目的」と「ターゲット」そして「メッセージ」をしっかりと定めることが重要です。これらをしっかりと抑えておくことが、動画制作の成功の鍵となります。

 

例) 地元密着型のスーパーマーケット

目的:契約農家からりんごが大量に入荷した。これをとにかく売り切りたい。

ターゲット:普段お店に来ている人にお知らせしたい。

メッセージ:りんご激安セール開催! 1個50円、10個セットなら400円

→ 店長がりんご売り場で、激安セールを呼びかける動画を撮ろう!

 

当たり前の事ですが、このような企画を疎かにしていては、どれほど優秀なクリエイターに制作を依頼したとしても、どれだけ大量のコストを使ったとしても、決して良い動画は作れません。

メールマーケティングってどうやったらいいの?

BtoC企業のみならず、BtoB企業でも近年力を入れている「メールマーケティング」。

とはいえ、メルマガ配信やステップメール等を行っていない企業もたくさんあります。

「やった方がいいのはわかるけれど、どうやって始めたらいいのかわからない・・・」

そんな方々のために、メールマーケティングの始め方をご紹介します。

f:id:pcpvmail:20170127145755j:plain

メールマーケティングの目的

まずは、メールマーケティングを行う目的をはっきりさせましょう。

「同業他社がやっているから」「とりあえずやってみる」という理由でメールマーケティングを始めると、あとあと効果測定が難しくなります。

メールマーケティングで最も重要なことは、「効果測定すること」です。

しっかりと効果測定をして意味のあるメールマーケティングにするためには、目的を設定することがポイントになります。

 

メールマーケティングを行う目的は、以下のようなものがあります。

<BtoCの場合>

・販売促進

・認知拡大

・ファンを増やす

<BtoBの場合>

・顧客育成

・認知拡大

・顧客維持

etc・・・・

 

もちろんこれ以外にも様々な目的があるかと思いますが、「メールマーケティングを行うことでどのような効果を期待しているのか?」ということを忘れずに、目的設定をしてみて下さい。

 

ターゲットは?

次にはっきりさせておきたいのは、メールの送り先=ターゲットです。

目的設定では、「期待する効果」を考えました。それでは、その効果が表れると想定されるターゲットは誰なのでしょうか?

 

たとえば、目的を「認知拡大」と設定した場合、誰にその商品を知ってもらいたいのかを考える必要があります。

若者向けの商品Aをご年配の方に向けて告知しても、本来その商品を手に取ってもらいたいターゲット層とは違うところに訴求していることになり、せっかくメールを送ってもいまいち効果が表れず落胆することになります。

 

メールマーケティングの運用体制

目的とターゲットが設定できたら、次はメールマーケティングの運用体制を整えましょう。ポイントは3点あります。

 

ポイント(1) 誰が書く?

メールマーケティングは、コンテンツマーケティングの一環。

読み手の興味を引く文章と構成が重要になります。

 

ライターに依頼して書いてもらうのも一つの手ですが、もちろんコストがかかります。

自分で書くとなると、最初は書くのに時間がかかったり、頑張って書いて送ってもいまいち効果が出なかったりと、苦しい時間を過ごすかもしれません。

しかし、メールマーケティングはもともと根気が必要なマーケティング手法。

根気よく送っていれば、読み手の記憶に残るようになりブランディングや購買に繋がります。

 

とはいえ、ひたすら同じ文章や構成で送っていては、改善されません。

次のメール配信で前回よりも効果を出すために、「効果測定」をしましょう。

 

ポイント(2) 効果的に、効果測定をするために

メールを送ったら送りっぱなしにせず、読み手の反応を確認してみましょう。

メールマーケティングは送ってから2日間が最も読み手の反応が表れる期間といわれていますので、まずは2日後に数字を見てみることをおすすめします。

 

効果測定で必ず見るべきポイントは、以下2点です。

1.開封率

2.クリック率

 

1.開封率

メールの開封数÷メールの配信数で算出する割合です。HTMLメールでのみ計測することができます。

どれくらいの人がメールを開封してくれているのかを知ることは、件名やメールマーケティング施策全体を改善する上で重要になります。

 

2.クリック率

メール内のURLがクリックされた数÷メールの配信数で算出する割合です。

URLをクリックしてもらうことで、より多くの情報を提供出来たり、購買に繋げることができます。クリック率を知ることは、メール内の構成を改善する上で重要になります。

 

この2点の数値は奥が深く、改善するための策がたくさんあります。

こちらは次回以降にゆっくりご紹介します。

 

ポイント(3) メールの長さと配信頻度

読み手とのコミュニケーションツールの一つでもあるメールは、長さと頻度で読み手との関係性が変わってきます。

 

メルマガは読み手にとって、「ライトに情報収集できる」もの。メール内では必要最低限の情報を提供し、もっと詳細に知りたい人にはWEBサイトを見てもらうような構成が読み手への負担が少ないです。

 

また、配信頻度はメールマーケティングの目的によって様々です。

心理学的には『接触回数が多い方が好感を得られる』という現象がありますが、

ただやみくもに毎日メールを送るのでは逆効果になってしまいます。

短期間で新商品を告知したい企業と、読み手とのゆるい繋がりを大事にしている企業とでは、配信頻度が大きく変わってきます。

目的に沿った頻度で送ることはもちろんですが、さらに注意しなければならないのは「企業側の都合のみで配信頻度を決めないこと」。

 読み手がメールを受け取った時のことを考えて、配信頻度を決めましょう。

 

ここまで決まったら、次はメール配信システムの選定です。

今やメール配信システムは機能や使い勝手が様々。

次回は、おすすめの配信システムをいくつかご紹介します。

Vmail活用テクニック(2) クリック設定機能で差をつける

Vmailには「クリック設定機能」というものがあります。ひとことで言えば、GIFアニメーションのバナー広告をメール上で使う、というような機能です。今回はこの「クリック設定機能」について解説します。

 

通常のVmailの遷移とクリック設定の遷移の違い

通常のVmailでは、メール本文のGIFアニメーションをタップすると動画ページに遷移、動画本編の再生が終わった後にLPに自動的にリダイレクトする、という遷移が一般的です。動画で商品やサービスを理解していただいた後に、ユーザーに次のアクションを促せるというのがVmailの大きなメリットと言えます。一方、クリック設定の場合、動画ページ・動画本編を介することなくLPに直接遷移することになります。f:id:pcpvmail:20161206190348p:plain

クリック設定の方法は?

クリック設定の方法はいたって簡単です。動画をアップロードした後の「各種設定」画面の基本設定に設定項目があります。デフォルトでは、クリック設定は「動画再生ページ」の項目が選択されていますが、ココを「任意のURL」に変更し、クリックした際に遷移するURLを入力するだけでOKです。f:id:pcpvmail:20161206190357p:plain

クリック設定のメリットとデメリット

クリック設定機能を使う一番のメリットは、メールからLPにダイレクトに遷移させることができるため、多くのユーザーをLPに誘導できる事にあります。しかし、メール上のGIFアニメーションファイルでは音声が再生されないため、詳細な商品やサービスの説明には向いていないと言えるでしょう。

f:id:pcpvmail:20161206190352p:plain

クリック設定のデメリットは音声が再生されないという事に起因しているのですが、これを補完する機能として、Vmailには「キャプション機能」というものもあります。次回はこの「キャプション機能」についてご説明します。

 

Vmail活用テクニック(1) 動画の切り取りで差をつける!

Vmailでは、メール上のアニメーションGIFで興味を引き、そこから遷移した動画でメッセージを伝える、という使い方が一般的です。アニメーションGIFの切り取りは、Vmail活用の成功の鍵と言えます。

f:id:pcpvmail:20161118175149j:plain

動画からアニメーションGIFを生成・表示

Vmailの利点といえば、何と言っても手軽に動画メールを作成できる点にあります。Vmailではアップロードした動画の一部分(または全部)を切り取って、メール上で表示するアニメーションGIFを生成でき、さらにアニメーションGIFに様々な装飾をすることもできます。

※アニメーションGIFを表示できないメーラーWindowsOutlookが代表例です)の場合は、代替として静止画を表示します。

 

動画は何秒が最適?

「掲載する動画は何秒が良いでしょうか?」これはVmailの利用者からよく頂くご質問ですが、正直なところ、これに対する正しい答えはありません。動画を活用する施策の目的、すなわち、ターゲットとその方々に届けたいメッセージが的確に伝わる事が最重要ポイントです。もちろん短い動画であれば最後まで見ていただける可能性は高まりますが、届けたいメッセージが伝わらないようでは本末転倒です。

ただし、ユーザーの興味を引くということであれば話は別です。先日、サービス終了が発表されてしまいましたが6秒動画でおなじみのVine。数百万再生といった再生回数を誇る動画も多数ありました。多くの人の興味を引くのに必要十分な秒数が6秒である、と言えるのかもしれません。

 

メール上で興味を引き、動画で伝える

AIDMA、AISAS、カスタマージャーニーetc…マーケティングフレームワークには様々な物がありますが、いずれもAttention(興味喚起)がユーザーの最初のアクションとしてあげられます。Vmailでは、メール上のアニメーションGIFで興味を引き、そこから遷移した動画でメッセージを伝える、という使い方が一般的です。従って、アニメーションGIFの切り取りが、Vmailの活用の成功の鍵となります。そして、前段のVineの例を考慮するならば「6秒」が、その目安となる秒数です。

 

動画のどこを切り取るべきか?

この問いにも正しい答えはありません。が、多くの場合は「冒頭の6秒程度」であるといえます。30秒のCMであっても、2分の製品紹介動画であっても、起承転結をベースとしたストーリーの流れがありますので、その冒頭を切り取るというのは概ね間違いではなさそうです。最近では、結起承転(結)の構成も好まれて使われますが、この場合は動画の冒頭でインパクトを持たせるような作りになっていますので、より冒頭で興味を引くことができます。

 

一方、動画内の商品やサービス自体にインパクトがある場合は、動画内で最も印象的なシーンを切り取るのが効果的です。この場合は、アクション映画の予告CMをイメージしていただくのが良いと思います。アクション映画の予告では、ビルが爆発したり、主人公がダイビングしたり、超高速カーチェイスだったり…とにかくド派手なシーンがかき集められています。(予告編だけは凄かった!という評価の映画も沢山あります…)

 

Vmailではテストタグの発行も可能ですので、何通りも試していただいた上で、是非、商品・サービスの魅力を最大限に伝えられるポイントを見つけていただければと思います。

Vmailって何だ?

既にVmailをご存知の方も、ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、かんたんにVmailの概要をまとめてみました。

f:id:pcpvmail:20161111204715j:plain

Vmailとは?

一言で言えば、ズバリ「動画メール」を簡単に作れるサービスです。HTMLメール内に動画を埋め込むことで、テキストや静止画で構成されたメールと比較してユーザーの興味を引き付けることができるというのが特徴です。

動画メールって難しいの?

動画メールを作成方法には幾つかの手法があります。詳しくは、Vmailラボの記事(https://vmail.tokyo/labs/howto_create_video_mail/1)をご覧頂きたいのですが、サーバの準備、制作、大量アクセス時の負荷分散まで考えると、思った以上に手間がかかるものでもあります。

 

一方、Vmailをご利用いただくことで、以下のようなメリットが生まれます。

  • サーバの準備はもちろん、アクセス集中時の負荷分散も考慮しなくて済む
  • GIFアニメーションの作成も非常にかんたん
  • 多様な機種、メーラーに合わせた最適な表示ができる
  • 動画の視聴完了後に、任意のURLに誘導できる
  • クリック数や再生数といった視聴状況の計測ができる

Vmailは有償のサービスですので、当然利用料は発生しますが、これらを全て自前で準備するとなると、時間・コストも想像以上にかかってくるのではないでしょうか。

 

Vmailは手軽なASP型サービス

VmailはASP型のサービスとなっているため、いつでも好きな時にご利用いただくことが可能です。Vmailのアカウントさえ持っていれば、朝出来上がったばかりのプロモーションムービーを、その日のお昼のメルマガに動画メールとして配信! なんてこともできてしまいます。その反面、ASP型のサービスですので、動画のアップロードや様々な設定はお客様自身で行っていただく必要があります。

 

初めての配信だから自信がないな…もっと効果的な方法はないかな? そんな方のために、今後、Vmailの機能をもっと有効に活用するためのテクニックをご紹介してまいります。

 

f:id:pcpvmail:20170210183903p:plain